BC 1xBetが2020年SBCアワードで6つのノミネートに選ばれました

1xBetが2020年SBCアワード において、6つ以上の異なるカテゴリーでノミネートされたことが発表されました。ブックメーカーにとっては、2019年末にも6つのカテゴリーでノミネートされているため、今回の結果と合わせ当社が一貫して高いレベルを保っていることの証明となりました。1xBetがこのアワード にノミネートされるのは3年連続となります。

今回候補に挙がったリストは下記の6つです:

– スポンサーシップ・オブ・ザ・イヤー

– サッカースポーツブック・オブ・ザ・イヤー

– Eスポーツ・オペレーター・オブ・ザ・イヤー

– ベストアフィリエイトプログラム

– マーケティング・キャンペーン・オブ・ザ・イヤー

– ベストスマホアプリ

1xBetの担当者は、同社が一度に6つの異なるカテゴリーでノミネート入りを果たしたことを大変嬉しく思っています。過去にも「スポーツ・ベッティング・イノベーションのライジングスター」と「最も革新的なアフィリエイト・プログラム」のカテゴリーで最優秀賞を受賞しており、今年は受賞数をより増やしたいと希望しています。

今年の授賞式は12月9日、オンライン上で行われます。世界最高のベッティング会社とカジノが44のカテゴリーで賞を争う様子を、800人以上のゲストがライブで見ることになります。イベントのバーチャルゲストは、仮想空間でのネットワーキングの機会だけでなく、アワードの夜を面白くする数々のアクティビティがお楽しみいただけるはずです。

SBCアワードは2014年から開催されており、現在では業界内で最も注目されるイベントのひとつとなっています。審査員には、業界の名だたる代表者が数十名顔を揃えています。

1xBetは、FCバルセロナのグローバル・パートナーであり、イタリア・セリエAの公式放映パートナー、スペイン・リーガエスパニョーラのメディア・パートナーであるほか、Eスポーツ組織NAVIとカスケードのメインパートナーでもあります。他にも多くの国際的スポーツトーナメントをサポートしており、1xBetの月間プレーヤー数は、世界数十カ国で数十万人に達しています。

その他のニュース